お店の紹介

本園の場所

本園から北側を見た光景です。向こうに見えるのが浅間山です。手前に本園のブルーベリーの木が映っています。発地(ほっち)は軽井沢の南側に位置し、軽井沢の中でもこのようにこれだけ広く平坦なところは他にはありません。軽井沢駅周辺に来られてもここを知らずに見逃す方も多いようです。軽井沢の自然と農業をそして観光でも生かす場所として注目を浴びてきています。

小果樹(ベリー)の栽培

軽井沢ですので寒冷地に適したいろいろなベリーを栽培しています。年間通して除草剤も含めて農薬を使わずに栽培しています。また、放射線が検出されないように気をつけています。木材・竹などのチップを使い、有機栽培が中心です。ベリーは一般に太陽と新鮮な水を好み、水はけの悪い畑では高畝で栽培しています。
※写真は本園の摘み取り、ジュース・ジャム作り体験対象のブルーベリー(左上)、ハスカップ(右上)、カシス(左下)、ブラックベリー(右下)です。

低糖・無添加・手作りのジャム

*写真は本園でも貴重なナツハゼジャムです。

夏採ったベリーを冬にも楽しむために保存食としてジャムは考えられました。一般にはベリーの倍以上の砂糖を入れるレシピもありますが、本園では低糖にしてベリー本来の味わいを楽しめるようにしています。
砂糖以外の一切の添加物を入れていません。このように調整をしていないのでベリーの熟し具合や品種差などで出来上がりのジャムの粘性加減が変わってくることがあります。
脱気して栓をしていますので開栓しなければ一年以上は持ちます。本園では賞味期限として1年にしています。開栓した場合は冷蔵庫に入れて早めに食して下さい。

※ベリーには紫外線から身を守るために作り出されるポリフェノールの一種のアントシアニンが豊富に含まれています。いろいろの研究がなされ、アンチエイジング(抗酸化作用)、インフルエンザ対策、眼精疲労回復等に効果があるといわれてます。一般的にはブルーベリーが有名ですが、それを上回るのがハスカップやカシスなどで新たにが注目されています。

記念日の贈り物用

オリジナルラベルをつけたジャムはいかがですか。お客様の要望で写真や文章を入れた特別のラベルを貼ったジャムを一個からお作りします。また、ハート型瓶など変わった形の瓶もご相談に応じます。メールでお問い合わせ下さい。贈答用の箱(100g瓶で2個入りと3個入り)もありますし、フレッシュベリーとの組み合わせも可能です。送料は全国500円です。

フレッシュ・コールドベリー

今のところ、ブルーベリーだけネット店中心で販売しています。

店舗について

本園には専用の店舗はありませんが、幾つかのお店に置かせてもらっています。店構えではありませんが発地の本園に来て頂ければ販売も致します。別ページにあるようにネットのお店がありますのでそこでも注文が出来ます。

置いてあるお店

【通年で】

軽井沢町農産物直売施設 軽井沢発地市庭 →2016年4月26日プレオープン

URL  http://karuizawa.hotchi-ichiba.com/

住所 長野県北佐久郡軽井沢町大字発地2564-1

TEL 0267-45-0037 FAX 0267-45-0114

年中無休です。「人生の楽園」に出た白ほたる豆腐店も出店しています。もちろん私の軽井沢発地ベリー園のフレッシュベリーやジャムもおいてあ      ります。ここから我が園は自転車で約10分です。

 

上信越道 「佐久平サービスエリア下り線」→2016年4月末に新規オープン

カフェ&ギャラリー「ごんざ」

住所 軽井沢町大字追分655-1
電話 0267-46-0456
営業時間 10:00~19:00
定休日 火曜日・水曜日

 

【季節で】

軽井沢銀座プチレストラン「芦屋亭」 →2015年に閉店しました。

住所 軽井沢町大字軽井沢旧軽井沢748
電話 0267-42-9838
営業時間 10:00~18:00
定休日 火曜日 (水曜日)3月下旬~12月上旬まで営業

 

「スーパー大津 北軽井沢店」

住所 〒377-1412 群馬県吾妻郡長野原町大字北軽井沢1988-83
電話 0279-84-3711
営業期間 4月下旬~11月上旬
営業時間 10:00~18:00
定休日 毎週木曜日(GW・夏季繁忙期は無休)

ダミーバナー